エムトレ Golf

スイング計測 くらべてみました!

メイン画像

エムトレGolfのスイング計測についてお問い合わせいただくことが多いので、そもそもエムトレGolfはどのくらいの精度で計測できるのかを検証してみました。

胸を借りるのはTrackmanかGC Quadか?

弾道計測器は、業界標準となっているTrackman(4が買えなかったので3で比較)と、GC Quadが代表的ですが、どちらが良いかを比較しました。
Trackmanはドップラーレーダー方式、GC Quadは、高速度カメラによる計測です。
Trackmanでは弾道の計測、つまり後方からのドップラーレーダーによる計測となりますので、インパクトのフェイス面の計測が難しいと判断して、GC Quadを使うこととしました。

エムトレGolfの実力は弾道計測器と同等の性能

GC Quadは計測ロジックが開示されていないため、比較は絶対値比較ではなく、各値の相関値にて判断します(相関関数を求めて比較を行いました)。
比較した指標は下記4項目。
・ヘッドスピード
・クラブパス
・フェイス角
・相対フェイス角(クラブパスに対するフェイス角)

使用クラブは1Wと7I。
アドレスはターゲット方向に対して垂直な線を引き、そこにフェイスを合わせます。
下記のように条件を変えて5球ずつ計測しました(インアウト、アウトインを計測するため)。
・通常のスタンス
・クローズスタンス
・オープンスタンス
・軽めのスイング(通常のスイング)

相関値(Rの2乗)の目安は下記です。
■R2の目安
0.0~0.2 のとき ほとんど相関関係がない
0.2~0.4 のとき やや相関関係がある
0.4~0.7 のとき かなり相関関係がある
0.7~1.0 のとき 強い相関関係がある

結果は、
ヘッドスピードは0.92で強い相関関係がある
クラブパスは0.67でかなり相関がある
フェイス角は、0.63でかなり相関がある。
相対フェイス角は、0.58でかなり相関があるという結果となりました。
ヘッドスピードは、GC Quadと比較すると少し低めに出る傾向がありました。